Q1.賃貸アパートにはどんな構造の物件があるの?

木造・鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造・重量鉄骨造などに分けられます。構造の性質については、
①木造
柱や梁などの主要部分に木材もしくは木質材料を用いた建築構造で、通気性が良い。
②鉄骨造
比較的強度に優れる鋼材を主要構造部に用いた重量鉄骨造⇒S造
③鉄骨鉄筋コンクリート造
耐震・耐火性に優れた鉄筋コンクリート造に、鉄骨造の骨組みを組み合わせた⇒SRC造
④鉄筋コンクリート造
引っ張る力に強い鉄筋と圧縮に強いコンクリートを組み合わせ、床・壁・柱を一体化させた建物構造。地震や火災などに対する耐久性に優れ、一般に木造や鉄骨造よりも室内の遮音性が高い⇒RC造
⑤重量鉄骨造
重量鉄骨(H形鋼など)を柱・梁として使用。
⑥軽量鉄骨造
鉄骨造の一種で、柱・梁などの構造部分に厚さ6mm以下の鋼材を加工して用いた造り。一般的な木造よりも耐火性や耐震性に優れている⇒LGS

Q2.礼金とは…

貸主に対して契約締結の謝礼的に支払う費用。解約・契約終了時も返還されない。

Q3.敷金とは…

賃料の不払いや、原状回復費用(通常の使用に伴い生じた損耗を除く)の未払い等に備えて、貸主が担保として預かる費用。退去時に実費を差し引いて清算され残金が還元されるケースが多い。

Q4.クリーニング代とは…

退去時必要になるお部屋の掃除費用です。

Q5.現状回復とは…

解約および契約終了時に、借主が故意・過失によって行った賃貸物件の変更部分を元の状態に戻す義務のことで、敷金・保証金からの減額や実費の支払いでまかなう。ただし通常使用範囲内での劣化等は含まれない。厳密な区分が難しいため、国土交通省によりガイドラインが示されている。

Q6.共益費・管理費とは…

集合住宅において、共用部分の維持・管理のために家賃とは別に毎月支払う費用で、共益費ともいう。例えば仲介手数料などで「家賃○ヵ月分」と表現する場合の金額には含まない。

Q7.仲介手数料とは…

不動産会社を介して部屋探しを行った場合、契約成立の報酬として不動産会社に支払われるもの。

Q8.更新料とは…

地域や物件により、1~2年の契約更新ごとに発生する儀礼的費用。目安は家賃の1ヵ月分前後。仲介会社を通している場合は別途、更新手数料が必要なこともある。

Q9.更新手数料とは…

仲介会社を通じて契約更新する場合、契約の更新料とともに必要な場合がある。

Q10.初期費用とは…

賃貸借契約時に発生する費用。原則、敷金または保証金、前家賃、管理費または共益費、仲介手数料などの総称。一般に家賃の数ヵ月分が必要。具体的内容は物件により異なる。

Q11.重要事項説明とは…

契約にあたり、建物の名称・所在地・貸主・契約内容(賃貸借費用や禁止事項)などの事前確認が法的に義務付けられていて、不動産会社の宅地建物取引主任者が文書(重要事項説明書)で示して説明する。借主が了解すれば署名・捺印を行い、契約手続きへと進む。

Q12.定期借家契約とは…

物件の貸主と借主の間で結ばれる期限付きの賃貸借契約で、定借契約と略す。
契約は、あらかじめ設定された期間の満了により終了し、更新も行われない。貸主は借主に対して、定期借家契約の内容を公正証書交付などにより事前に説明しておく義務がある。貸主と合意があれば再契約は可能。

Q13.メゾネット物件とは…

集合住宅内に設けられた2階建て住戸。立体的な空間構成ができ、一戸建てのような気分を味わえる。

Q14.家賃保証会社とは…

家賃債務に係わる連帯保証を代行する会社。

Q15. 連帯保証人とは…
賃貸借契約でいう場合、借主の家賃滞納などの債務不履行に際し、連帯して責任を負う人的担保。単に保証人というより責任は重く、貸主から請求があればすぐに応じる義務がある。

Q16.リノベーションとは…

既存の建物に大きく改修を加え、その用途や機能を変えて価値を高めること。